2月28日にながさき食文化体験講座を行いました。

平成30年2月28日に、長崎県国際課と長崎留学生支援センターが料亭橋本で「長崎県の食文化体験講座」を開催しました。本講座は、長崎の食文化を体験し、その情報を留学生が海外に発信する催しです。
今回は、長崎県内の留学生14名と長崎留学体験ツアー中の中国の大学教職員の皆様6名が参加しました。
料亭橋本は桜の名所として長崎市民の憩いの場所であったカルルスの地に建つ純和風料亭です。
長崎県長崎学アドバイザー本馬貞夫先生による「歴史が育(はぐく)んだ長崎の食文化」の講義後、ひとつの卓を囲んで,大きな皿に盛った料理を各自が小皿に取分けて食べる長崎伝統の卓袱(しっぽく)料理を堪能しました。
留学生達は、美しい料理の数々を楽しみながら、食す際のマナーや卓袱料理の歴史的背景などを学び、長崎の文化についてますます興味を持ったようでした。