Monthly Archives: 9月 2015

長崎短期大学 短期研修の参加学生の体験談

長崎短期大学の短期研修に参加した、釜山観光高等学校の生徒の体験談が同校キム・スミ先生から、 長崎留学生支援センターに届きました。この短期研修は、平成25年9月に釜山の高校との情報交換会をした際に 長崎での日本語、日本文化研修の相談があり、長崎短期大学で平成26年11月に実施いただきました。 今回、釜山観光高等学校のキム・ミンジさんが体験談を掲載いたしますので、ぜひご覧ください。 ※原文のまま掲載いたしますので、誤字脱字等がございましたら、ご容赦ください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈長崎短期大学で職業体験、日本語研修 体験記〉

私を含めて11人の友達と一緒に10週間、九州の長崎という地域で語学研修をした。 日本に一度も行った事のない生え抜きのプサン子が期間は短いが、遠くの日本に行くのは少し浮かれていた。 空港から降りて佐世保地域の長崎短期大学で10分ぐらい歩くと「sunny side」という私たちが過ごせる寮があった。 都市とは少し離れているところなので、風景の一つ一つ、色の一つ一つがとてもきれいで美しかった。 道にはゴミが一つも落ちていなかった。ここで一戸建てを建てたら本当にいいな~と思った。 長崎短期大学① 日本の食べ物は私にとって本当によく合った。辛くないし、肉と野菜が一緒に出てきてよかった。 私たちがたくさん食べるのに比べて、日本の人々は本当に健康食で少なく食べるようだ。 いつも私たちがご飯を食べるときは、「おばさんおかわり!」をいながら二杯ずつ食べた。 長崎短期大学② 日本の和菓子!ケーキ! 和菓子は、本当に繊細に作られていて、食べるのももったいないほど美しかった。 花をイメージした形が多かったが、和菓子は本当に香りがするね~と思った。 長崎短期大学③ ケーキは、韓国ではあえてお金を払って買って食べなかったが、日本は本物のデザート天国と言えるほど、 本当においしくて口の中ではらりと溶ける。パンについて勉強している私には、本当に生きている絵を見ているようだった。 長崎短期大学④ 長崎短期大学で授業を受けて、学校の様々なイベントにも参加することになった。 本校の生徒と先生が主催した茶道大会だった。日本の色々な濃い茶、薄い茶などいろんな茶を飲んでみて 伝統茶を作る過程を見ながら、ただ茶を飲むためにも和菓子の準備、器を温めておくなど、一つ一つを気にして、 それをご馳走する時もそんなに礼儀をわきまえるんだな~と思った。 長崎短期大学⑤ 学校で授業を受け、週末には佐世保を知るために、観光も色々なところを通った。 田舎なので、バスに乗って30分も行くのに1コースを行くと基本的に150円なので、私たちは6コースだったから280円かかった。 往復すると560円。交通費がものすごい! 友達と釜山のソミョン、ナンポドンのような5番街と四ヶ町と呼ばれるところに行ったが、食べるものも多く、 ないものはないほど様々なお店が多かった。特に記憶に残る場所の一箇所はドレスショップ! 本当に中に入ればお姫様になれるように見えた。 長崎短期大学⑥ 2週間ローレライというホテルでの実習があった。 ハウステンボスの近くにあるホテルだから、そこのオランダの景色を思いきり感じることができた。 夜には、午後7時から光の祭りがあり、とてもきれいで、すてきだった。 長崎短期大学⑦ ホテルでは、1日6時間をキッチンで過ごしたが、足があまりにも痛くて大変なのに、 それを毎日するシェフはすごい!と思った。それでもシェフとおばさんたち皆が、 親切でたくさん教えていただいて、ナイフの持ち方、材料の切る方法など様々な有益なことを 習って、戻ってくることができた。 夢のような研修だった。...

第13回長崎平和大学を開催しました

6月6日、長崎平和大学(長崎県民と長崎地域の新入留学生、日本人学生に対する平和学習及びバスハイク)を開催しました。本事業は公益財団法人中島記念国際交流財団助成を受けて、平成21年度から年2回実施しています。第13回となる今回は、日本を含む20カ国・地域からの学生284名の参加がありました。  午前中は、長崎市平和会館で深堀譲治さんをお迎えして、原爆投下時のすさまじい爆風の様子や、原爆で母や弟、妹の4人を亡くされたこと等、写真を見ながらお話を聞きました。講話の後、参加していた留学生から「東日本大震災の時に原発の事故が発生し、大きな被害があったと思うが、この原発の問題についてどう考えられますか。」という質問がありました。 それに対して深堀さんは、「個人的な意見としてだが、今後原発はなくして、自然エネルギーにしていくべきだと思っています。」という意見を出されました。  午後からは、平和案内人(ボランティアガイド)の説明を受けながら平和公園、原爆落下中心地等の被爆遺構を巡り、原爆の悲惨さや平和の大切さを実感しました。その後、長崎原爆資料館、長崎歴史文化博物館を見学しました。長崎歴史文化博物館では、江戸時代の奉行所を再現した時代劇を見るなど、長崎の文化・歴史について学びました。  今回参加した学生たちは、「核兵器廃絶のためにも全世界で行動していくべきだ。平和の大切さについて学べた。」という感想を述べていました。 CIMG1104CIMG1108 CIMG1112DSC04613 ...