Yearly Archives: 2014

長崎平和大学を開催しました

11月8日、長崎平和大学(長崎県民と長崎地域の新入留学生、日本人学生に対する平和学習及びバスハイク)を開催しました。本事業は公益財団法人中島記念国際交流財団助成を受けて、平成21年度から年2回実施しています。第12回となる今回は、日本を含む27カ国・地域からの学生289名の参加がありました。  午前中は、長崎大学中部講堂で計屋道夫さんをお迎えして、ご家族とご自身の被爆体験や、原爆投下後の人々や町の様子について写真を見ながら、お話を聞きました。またアメリカ、中国からの留学生より、平和のためにどのような活動をしていますかという質問や平和学習の大切さを学んだという意見が出ました。 午後は平和案内人(ボランティアガイド)の説明を受けながら平和公園、原爆落下中心地等の被爆遺構を巡り、原爆の悲惨さや平和の大切さを実感しました。その後、長崎原爆資料館、長崎歴史文化博物館を見学しました。長崎歴史文化博物館では、江戸時代の奉行所を再現した時代劇を見るなど、長崎の文化・歴史について学びました。  今回参加した学生たちは、長崎のことや平和の大切さを学ぶ良い機会になった、今後もこのような活動を続けてほしいと語っていました。 CIMG0686
被爆体験講話(長崎大学中部講堂)

...

「第12回長崎平和大学」の開催

平成26年11月8日(土曜日)第12回「長崎平和大学」を開催いたします。 毎年2回開催される「長崎平和大学」が今回は12回目となり、約29の国・地域の300名以上の学生が参加する予定です。平和学習を通して、長崎への理解を深め、平和の大切さについて考えることが目的です。 皆様のご参加をお待ちしております。 平和大学チラシ26.11.8  ...

「留学生と企業との交流会」の開催

留学生・企業の交流会現在長崎県内に約2400名の留学生が学んでいます。日頃から留学生と企業・地域の皆様と交流する機会が少なく、お互いの理解が不足しているのが現状です。そこで、弊センターでは交流の場を設けることが第一歩だと考えています。 今回の交流会は留学生には日本の企業や働いている方々の話を聞いていただくことと、企業・地域の皆様に留学生の就職のことや生活設計をどのように考えているかを知っていただくことが目的です。 この催しでは、長崎で学んでいる留学生が日本の企業の方々に出会い、就職した場合に直面する問題など雇用者側と就職した先輩達の話を聞き、少しでも現実を正確に理解し、お互いの考え、文化の違いを知り、自分の将来について真剣に考え、計画を立てるきっかけになればと考えています。 又、交流会は就職活動だけを目的とせず、長崎に縁のある学生に長崎の地に馴染んでいただき、在学中にアルバイトやボランティア活動などの面でも活躍し、地元のために貢献していただきたいと考えております。 多くの方々の参加をお待ちしております。 記 内容:留学生と企業との交流会 日時:平成26年12月2日(火) 15:00~17:30 場所:長崎商工会議所 2階ホール 留学生・企業の交流会 (PDF)...

2014年夏季ソリューション型インターンシップ発表会の投稿

8月22日から9月18日まで、全8回で開催いたしました、ソリューション型インターンシップの記事が出島ネットワークのホームページにアップされました。記事については9月18日に行いました、課題発表会の様子を前篇・後篇に分けて投稿されていますので、ぜひご覧下さい。   出島ネットワーク 長崎県在住の特派員情報 「2014年ソリューション型インターンシップ発表会!」

前編:http://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/20406/

後編:http://dejima-network.pref.nagasaki.jp/reporters/20457/

...