第22回 平和大学の開催

11月9日(土)に長崎県下の留学生を対象とした平和について学ぶバスハイクを実施しました。
今回は、5校の大学から200名以上の留学生が参加してくれました。
午前中は、深堀譲治さんから被爆者体験を聞いて、それぞれ疑問に思ったことを尋ねたりしました。午後からは原爆資料館で引き続き核兵器に関して学び、長崎歴史文化博物館では長崎の歴史について学びました。
長崎が原爆投下された町であることを事前に知っていた学生も、実際に体験された方の話を聞いたり、写真等を見ることで核兵器の恐ろしさと平和の尊さを強く感じていました。