第21回 平和大学

6月1日(土)に平和大学が開催されました。留学生と日本人学生合わせて300名ほどが参加してくださいました。午前中は長崎大学の中部講堂で被爆者の体験談を聴きました。その後、水辺の森公園で昼食を取り、午後から原爆資料館と歴史文化博物館を見学しました。
参加した留学生は戦争や核兵器に対して、それぞれのバックグランドによって異なる考えを持っていましたが、今回の体験で平和の大切さについて実感したようでした。